学費サポート制度FEE SUPPORT

学ぶ意欲のある学生に学費を貸与

就学の意志があるにもかかわらず、経済上の理由による学業継続困難な学生に対して、学費を貸与する各種奨学金制度があります。

高等教育の修学支援新制度

京芸デは高等教育修学支援新制度の対象校です。文部科学省の定める非課税世帯とそれに準ずる世帯の学生を対象に、本校で学ぶにあたり下記の支援が実施されます。

<京都芸術デザイン専門学校の場合>

●減免額と給付額

  授業料・入学金の減免額 + 給付型奨学金による給付額
入学金 授業料 自宅通学 自宅外通学
半期分
学費の場合
支援区分Ⅰ 15万円 29万円5000円 38,300円
(42,500円)
75,800円
支援区分Ⅱ 10万円 19万円6700円 25,600円
(28,400円)
50,600円
支援区分Ⅲ 5万円 9万円8400円 12,800円
(14,200円)
25,300円

※世帯年収によって支援区分が変わります。申請しても不採用となる場合があります。
詳しくは文部科学省HP「高等教育の修学支援新制度」をご確認ください。

※()は生活保護世帯または児童養護施設等から通学の方の金額です。

●手続きの流れ(予約採用の場合)

入学前

在籍する高等学校にて
申請申込手続き

入学願書下部の
修学支援新制度欄に
チェック

学費納入期日までに
一部納入金
316,610円の納入

採用決定通知
により支援区分が
確定※高校にて交付

第二回目の
学費納入にて
残額を納入※支援区分1の場合は
不要です。

国の奨学金制度

日本学生支援機構奨学金(無利子/有利子)

日本学生支援機構の奨学金のお申込みは、在学する学校を通して行います。入学する前に予約する「予約採用」と入学後に申込む「在学採用」の制度がありますので、在学する学校の奨学金窓口に相談してください。

第一種奨学金 第二種奨学金

無利息 在学中は無利息、卒業後3%を上限とする
利息つき



自宅通学:2万円・3万円・4万円
(最高月額5.3万円)
自宅外通学:2万円・3万円・4万円・5万円
(最高月額6万円)
2万円~12万円(1万円単位)
から選択


特に優れた学生及び生徒で、経済的理由により
著しく修学が困難な人
経済理由により修学が困難な人。
第一種よりゆるやかな基準で
選考されます。



高等学校または
専修学校高等課程最終2か年の
成績の平均が3.5以上であること
高等学校などにおける成績が平均水準以上の者



家計支持者(父・母又はこれに代わって家計を支えている者)の年収・所得金額が対象となります。



貸与終了(卒業)後、6ヶ月経過後から、返済が始まります。最長20年以内に返還。

※2021年3月現在

申込方法

・「予約採用」本校入学前(高校在学中)の申込 入学前に高校で奨学金を予約する制度です。進学先が決まっていなくても申込みできます。
在学中の高校等の奨学金窓口へ申し出てください。

※詳しくは高校の先生にご相談ください
※奨学金の初回振込は入学後になります。入学前に貸与はできません。入学前の貸与をご希望の方は、国の教育ローン等をご利用ください。

・「在学採用」本校入学後の申込 本校入学後に申込みいただきます。予約採用で不採用になった人でも再度申込みできます。
本校で奨学金の説明会を4月に行います。

国の教育ローン:日本政策金融公庫 ※合格発表前にお申込みいただけます。

日本政策金融公庫は政府系金融機関です。お手続きは、お近くの金融機関で行えます。

対象者
入学者本人またはその保護者
融資額
学生・生徒お一人につき350万円以内
返済期間
15年以内(交通遺児家庭または母子・父子家庭または世帯年収(所得)200万円(122万円)以内の方は18年以内)
利率
金利1.68%
※母子・父子家庭または世帯年収(所得)200万円(122万円)以内の場合1.28%(※2021年3月現在)
※利率は一般的に「国の教育ローン」の方が有利です。貸付についてさまざまな制限があり、審査期間も長い場合があります。
※詳細は各問い合わせ先の金融機関にご相談ください。
返済シミュレーション
下記のURLより毎月の返済額等を試算することができます。
返済の目安にご利用ください。
https://www.jfc.go.jp/n/finance/ippan/sim.html

その他詳しくは
「国の教育ローン」コールセンター
ナビダイヤル 0570-00-8656 までお問い合わせください。
※営業時間…月~金 9:00~21:00 土曜日 9:00~17:00

その他:一般銀行の教育ローン

お問い合わせ先:最寄りの金融期間 ※教育ローンに関しましては各金融機関によって申請に時間がかかる場合があります。