かばん職人のしごと

2020.05.29 ハンドメイドコース

収納性や機能性に個性的なデザインを施す仕事

どんな仕事?

革や布などの素材を使い、リュックサックやハンドバック、ポーチなどのかばんをデザイン・製作する仕事。就職先によってバッグデザイナーとしてデザイン画を描いたり、素材を指定したりするまでの仕事を担う場合から、デザインから製作、販売まで1人でこなしていく場合もあります。

かばん職人の雇用の形態

雑貨・鞄系製造会社やデザイン企画会社に就職するパターンや修理(リペア)会社に就職するパターンがあります。雇用形態は正社員、契約社員など会社によって様々あります。フリーランスとして独自ブランドを立ち上げ仕事をしていく人もいます。

かばん職人の働き方

社内デザイナー・職人としてひとつのブランドのなかで働き方と、製作会社のデザイナー・職人として外部から依頼があって制作物を製作・納品する働き方があります。会社や工房によっては製作から販売までの一通りの仕事を担うこともあります。フリーランスの場合は営業から制作、納品、請求まで自分で行い、実制作も在宅で行っていきます。

かばん職人の給料

・月収:約20万〜34万円
 ※経験や受託数などによってアップしていきます。
 ※企業によって残業手当や交通手当などの付与のかたちも異なります。
・時給制の場合は約1,000~1,400円程度

仕事で関わることが多い人

・クライアント(お客様のこと)…雑貨などを扱う卸問屋、提携しているアパレル系ブランドなど
・広告宣伝職、販売職、営業職
・ファッションデザイナー・雑貨デザイナー
・生地や糸、道具類の卸売業者
など

こちらの記事もオススメ

かばん職人になるには