リフォームアドバイザーのしごと

2020.05.18 インテリアデザインコース

“今より良いくらし”を住まいから考えていく

どんな仕事?

お客様と内装・外装の修理や修繕について、打ち合わせながら細かな部屋のレイアウト、壁床材・家具・色決めなどを行う仕事。内外装の修理修繕提案や、設計や施行管理なども行っていく場合もあります。

リフォームアドバイザーの雇用の形態

住宅のリフォームも請け負っている建築、建設系の会社などに就職するパターンが一般的です。雇用形態は正社員、契約社員など会社によって様々ありますが、契約社員からスタートして正社員に登用する制度を取り入れている会社も多くあります。

リフォームアドバイザーの働き方

直接住宅地にいるお客様のもとへ出向いたり、電話を掛けたり、専用窓口で対応したりと会社によって依頼の受け方は違います。また、お客様(クライアント)の抱える問題を聞いてリフォームするかしないかのアドバイスだけをする働き方もあれば、予算や家のことを聞き、リフォームのスケジュールや予算プランまでしっかり提案する働き方もあります。

リフォームアドバイザーの給料

・月収:約20万〜44万円
 ※経験や受託数などによってアップしていきます。
 ※企業によって残業手当や交通手当などの付与のかたちも異なります。
・時給制の場合は約1,000~1,500円程度

仕事で関わることが多い人

・クライアント(お客様のこと)
・会社の営業職や経理職
・リフォームデザイナー・インテリアデザイナー
・工事スタッフ
など

こちらの記事もオススメ

リフォームアドバイザーになるには