衣装制作・縫製職のしごと

2020.05.29 ファッションクリエイトコース

一般的な商業服とは違う、ステージや舞台などの世界観に合わせて衣装をつくる

どんな仕事?

舞台や映画、イベントなどで、役柄に合わせパフォーマーを引き立てるコスチュームやステージ衣装を作る仕事。主にストーリーや役柄に合わせてデザインする仕事やデザインに合わせて型紙をつくるパタンナーや実際にカタチにして仕上げる縫製など様々な人が関わってつくられています。

衣装制作・縫製職の雇用の形態

アパレルメーカーやファッション系デザイン会社、縫製工場に就職することが一般的です。雇用形態は正社員、契約社員など会社によって様々あり、契約社員やアルバイト、デザイナーやパタンナーのアシスタントからスタートして正社員に登用する制度を取り入れている会社も多くあります。またフリーランスとして独自ブランドを立ち上げ仕事をしていく人もいます。

衣装制作・縫製職の働き方

型紙(パターン)どおりに生地を裁断、縫製していきます。会社によっては何着も同じ服を生産するために裁断・縫製の工程の中でも担当を細分化していることも多いです。レディースやメンズ、子供服まで会社の方向性により手掛けるものが違い、種類もフォーマルやカジュアル、スポーツブランドなど、就職するメーカーによって担当する仕事は幅広くあります。フリーランスの場合は営業から制作、納品、請求まで自分で行い、実制作も在宅で行っていきます。

衣装制作・縫製職の給料

・月収:約20万〜34万円
 ※経験や受託数などによってアップしていきます。
 ※企業によって残業手当や交通手当などの付与のかたちも異なります。
・時給制の場合は約1,000~1,400円程度

仕事で関わることが多い人

・クライアント(お客様のこと)…アパレル系企業の経営者や宣伝・広報担当、個人事業のオーナーなど
・ファッションデザイナー
・パタンナー
・生地や糸、道具類の卸売業者
など

こちらの記事もオススメ

衣装制作・縫製職になるには