マンガ家のしごと

2020.05.29 コミックイラストコース

世界観・物語を平面の中で絵と文字と構図を駆使して表現する

どんな仕事?

週刊誌や月刊誌で連載するマンガを描いているイメージが一般的ですが、多様化するニーズに合わせて、広告チラシやパンフレットに挿絵や情報伝達ツールとして使われるマンガや、電子・携帯漫画、同人誌などで活躍する人も多くいます。

マンガ家の雇用の形態

フリーランスとして雑誌の新人賞へ応募したり、出版社に持ち込んだりしてデビューする人がほとんどですが、書籍の挿絵としての漫画家や、企業の広告のための漫画を描く漫画家として就職するパターンもあります。雇用形態は業務委託などが多く、会社などに勤めながら、副業として働く人もいます。

マンガ家の働き方

週刊誌や月刊誌に連載している娯楽漫画家だけではなく、広告や学習漫画の漫画、ノウハウ本の挿絵として漫画を描くなどの「書籍ジャンル」の中で漫画手法の使われ方は多岐に渡りますが、どれにも共通する漫画家の働き方は「締め切りまで漫画を書くこと」です。そして「依頼を受けてそれに合わせて書くこと」も求められることがあるため、要望を聞いたり、自分の作品についてプレゼンするという基礎的なコミュニケーション能力がスケジュール管理に次いで大切になってきます。

マンガ家の給料

・1回辺りの仕事量に応じて得られる「原稿料」約4,000円〜35,000円
 ※出版会社、企画内容、文章の量、作家の人気度によって異なる
・1冊売れるごとに約10%程度の金額が絵本作家に支払われる「印税」
 ※例:1000円の絵本×1000部出版×完売×印税10%=10万円

仕事で関わることが多い人

・各出版社編集者、営業職
・イラストレーター
・ブックデザイナー・グラフィックデザイナー
・エディトリアルデザイナー
・ライター・コピーライター
など

こちらの記事もオススメ

マンガ家になるには