挿絵作家のしごと

2020.05.29 コミックイラストコース

イラストを使って読者を物語の世界に惹きつける

どんな仕事?

週刊誌や小説、ライトノベルなどの文章に合わせて挿絵のイラストを描く仕事。各出版社・編集部から小説原稿とともに挿絵の割り当てや挿絵のサイズなどの依頼をもらってイラストを描いていきます。挿絵画家という職業が完全に確立されているわけではないため、イラストレーターとして活動している中で、仕事のひとつとして挿絵を描く人が多いです。

挿絵作家の雇用の形態

多いパターンはゲーム会社のイラスト制作部署やデザイン会社などでイラストの実力やソフトを扱う技術に自信をつけてから、コンペへの応募や出版社へ持ち込みを経てフリーランスの挿絵作家として活動するパターンです。大きな出版社のデザイン担当部署などに所属する場合、雇用形態は正社員・契約社員、業務委託など会社によって様々あります。副業として他の仕事をしながら依頼をこなしていく場合もあります。

挿絵作家の働き方

基本的には、依頼と原作の設定に合わせて読者が想像するようなイラストを制作します。依頼の指示や要望をしっかり読み取りラフ画を作成し、クライアントにプレゼンしたり、修正したりを繰り返して完成させます。フリーランスの場合は営業(持ち込みやコンペへの応募)から制作、納品、請求まで自分で行っていきます。挿絵だけでなく、漫画や広告などのイラストを描くイラストレーターとして同時に活動する人も多いです。

挿絵作家の給料

・月収:約22万〜35万円
 ※経験や受託数などによってアップしていきます。
 ※企業によって残業手当や交通手当などの付与のかたちも異なります。
・時給制の場合は約1,000~1,500円程度

仕事で関わることが多い人

・クライアント(お客様のこと)…企業の経営者や宣伝・広報担当、個人事業のオーナーなど
・アートディレクター・プロデューサー・プランナー
・小説家(ライター)
・コピーライター
・印刷会社の営業職
など

こちらの記事もオススメ

挿絵作家になるには