ゲームイラストレーターのしごと

2020.05.18 コミックイラストコース

ゲームを魅力的にするイラストレーションやキャラクターデザインに携わる

どんな仕事?

ゲームに登場するキャラクター等の絵を描く仕事。特にソーシャルゲーム(アプリゲーム)に使用されるイラストを描く仕事が多くあります。キャラクターだけでなく背景や小物(アイテム)、システムコマンド部分のイラストなど、描く絵の種類は多岐に渡ります。

ゲームイラストレーターの雇用の形態

ゲーム会社のイラスト制作部署に就職する人も多くいますが、デザイン会社やアプリ制作会社で様々なイラストの実力やソフトを扱う技術に自信をつけてからゲーム会社へ就職したり、ゲーム会社の中でもイラスト以外の部署からスタートして年数を重ねて部署を移動したり、イラストを任されるようになったりするパターンもあります。雇用形態は正社員・契約社員など会社によって様々あります。フリーランスとして独立したり、副業として他の仕事をしながら依頼をこなしていく場合もあります。

ゲームイラストレーターの働き方

基本的には、依頼と決まったコンセプトに沿って制作します。依頼書の指示や要望をしっかり読み取りラフ画を作成し、クライアントにプレゼンしたり、修正したりを繰り返して完成させます。現在は液タブやペンタブを使ったデジタルでの制作が主流で、色つけもデジタルソフトを使っている会社がほとんどです。フリーランスの場合は営業から制作、納品、請求まで自分で行っていきます。ゲームイラストだけでなく、紙面やグッズなどのイラストなどを描くイラストレーターとして同時に活動する人も多いです。

ゲームイラストレーターの給料

・月収:約22万〜35万円
 ※経験や受託数などによってアップしていきます。
 ※企業によって残業手当や交通手当などの付与のかたちも異なります。
・時給制の場合は約1,000~1,500円程度

仕事で関わることが多い人

・ゲームプランナー・ゲームデザイナー
・アートディレクター・プロデューサー
・イラストレーター
・コピーライター
・印刷会社の営業職
など

こちらの記事もオススメ

ゲームイラストレーターになるには