キャラクターデザイナーになるには

2020.04.15 キャラクターデザインコース

設定に応じて使われる媒体にマッチするようなキャラクターをつくる

どんな仕事?

ゲーム会社や各企業の広告・デザイン部などで、クライアントから大まかな設定や指示をもらい、キャラクターを作る仕事。0からキャラクターを作る場合もあります。独自の画風も魅力的なキャラクター作りに重要な要素ですが、キャラクターデザイナーは特にユーザーに好まれるイラストを意識することや、ゲームの世界観へ馴染ませることが求められることも多く、CGデザイナーやイラストレーターが行っている場合もあります。

キャラクターデザイナーになるには

アニメーションやゲーム系専門学校や芸術系大学で、設定などの考案の仕方、細部まで描く描画スキル、人物・動物・植物・建物など、どんなタイプのイラストでもキャラクターにできるようデザインの知識や技術を高めていきます。絵が描けるだけでなく、CGなどを利用してキャラクターモデルを作成する技術も習得していると有利です。

必要な資格やスキル

必要資格 とくになし
必要スキル フォトショップやイラストレーターなどのデザインソフトのスキル、SAIやCLIP STUDIO PAINTなどの2Dイラストソフトのスキル、Mayaや3ds maxなどの3Dイラストソフトのスキル アニメーションや動画制作などで使いこなした経験があるとなお良し

キャラクターデザイナーになる道筋

デザイン系専門学校
芸術系大学

・ゲーム制作会社
・アニメーション制作会社
・デザイン事務所
など

こちらの記事もオススメ

キャラクターデザイナーのしごと