より就職に強く
大学編入・同時受験も

新しいコース・専攻で就職に強く、ビジネスに強い人材を育てます。
また、併設校の京都造形芸術大学との連携強化によって、
新たな編入制度や京都造形芸術大学入試における併願制度の利用が可能に。

新コース・新専攻

コース・専攻が追加、より就職に強く
キャラクターデザインコース 新設

「イラストをイラストだけで終わらせない」 キャラクターデザインコースが新設。画力向上はもちろん、自らのイラストを「動かす」「映像化する」ことに特化したデジタルメディアに強いコースです。

ビジュアルデザインコースに動画専攻が追加

ビジュアルデザインコースはさらに就職に強くなるために「動画」をカリキュラムに追加。映像関係の就職を目指す人に向けて、より特化して学ぶことが出来る専攻を追加しました。

マイスターレッツコースは「ハンドメイドコース」に変わります

マイスターレッツコースが「ハンドメイドコース」として再始動。これまでも強かった、「ものづくり」の技術をより強化するとともに、雑貨を活かしたビジネスに強いコースに進化します。

大学編入・同時受験

京都造形芸術大学との連携が強化されます

※学校法人瓜生山学園「京都造形芸術大学」は、2020年4月1日より、
  学校法人瓜生山学園「京都芸術大学」に名称を変更いたします。

大学か専門学校かで進学を悩んでいる方や京都造形芸術大学との併願を考えている方に、瓜生山学園のメリットを活かした制度が新設されます。

併設校 特別指定校推薦 編入制度が新設

これまでもあった京都芸術デザイン専門学校を卒業後、京都造形芸術大学へ進学が可能な編入学制度が強化。1 年次の成績、出席日数などの評価によって、より確実な 3 年次編入学が可能に。この制度によって高校の時に美術を学んでこなかった、芸術大学を考え出すのが遅かったなどの理由で芸大進学をあきらめかけている方をサポートします。

京都造形芸術大学 併願制度が新設

京都造形芸術大学を併願される方は公募制推薦入試、一般入試において京都造形芸術大学の Web 出願の際に、京都芸術デザイン専門学校への併願希望が出来るようになりました。併願制度利用者は、京都造形芸術大学の入試のみで、両校の選考結果を受けることが出来ます。

国の学費支援制度が利用可能

2020年度4月より開始する「高等教育の修学支援新制度」
支援対象機関の認定を受けました。

学費面で進学を悩んでいる方に対して、2020年度4月から国が新たに定めた「高等教育の就学支援新制度」が利用できます。

所定の手続きを経た対象者の方は授業料等が減免されます。
支援対象、申請方法などについては文部科学省HPにてご確認ください。
※「高等教育の修学支援新制度」で検索すると文部科学省の該当ページが確認できます。